竜ヶ崎混声合唱団

指導者紹介


   指揮・指導 安達 陽一 (あだち よういち)        HP http://www.yoichiadachi.com/


武蔵野音楽大学卒業後、オランダ・アムステルダムのスヴェーリンク音楽院合唱指揮科に2年間留学する。 指揮法をDaniel Reuss、ルネッサンス音楽をPaul van Nevel、合唱指揮を関屋晋氏に師事。
96、97年オランダのユトレヒトで行われたサマーセミナー”Kurt Thomas Cursus”に参加し、クロージングコンサートの出演指揮者に選ばれ、オランダにおいてラジオ放送される。
帰国後、99年6月にフィンランド・タンペレにて行われた「International Choir Festival」に於いて、東京女声合唱団と共に参加し金賞を受賞。
99年7月にはオランダ・ロッテルダムに於いて「Cappella Amsterdam」を指揮、バッハを演奏し好評を博した。
2000年9月にはスペイン・バルセロナで行われた「Folk Songs Festival」に東京女声合唱団と共に参加し銀賞を受賞。
03年には函館市主催の「廣瀬量平合唱の夕べ」において女声合唱を担当、指揮する。
05年8月京都に於ける世界合唱シンポジウムのオープンシンギングの講師を務める。
10年4月クロアチア合唱指揮者協会主催のシンポジウムの講師を務める。

現在、Fontana di Musicaを主宰。
朝日カルチャー(新宿)に於いて女声合唱の講師も務める。
日本合唱指揮者協会実行委員。


    ピ ア ノ  大畑 知子(おおはた ともこ) 
toohata国立音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。ドイツ・ケルン音楽大学卒業。ピアノを近藤典子、立川恵子、クロイツァー豊子、ティニー・ヴィルツ、室内楽をサシュコ・ガブリロフ ヴェセリン・パラシュケボフの各氏に師事。
帰国後、室内楽、コンチェルト、合唱伴奏等の活動を行い、1997年ウイーンに於ける日本青年館主催・文化庁後援「日本・オーストリア青少年音楽祭」にソリストとして参加。
昭和音楽大学講師(1989~2004)、現在は茨城県立取手松陽高等学校音楽科において後進の指導にあたっている。


   指導補佐   中嶋 冨子(なかじま とみこ)
nakajima-sensei4

茨城県立保育専門学校、東京声楽専門学校卒業。声楽を古賀恵美子氏に師事。
牛久市にてナカジマ音楽教室を主宰。ピアノ、エレクトーンの指導と共に長年にわたり合唱指導を手がける。
竜ケ崎混声合唱団の前身、竜音会混声合唱団を発足時より指導。
1988年、龍ヶ崎「第九」演奏会より指導補佐を務める。
現在はコール・フィオーレ、コール谷井田、歌う会『倉』の指揮・指導者、龍ヶ崎「F龍gelの会」の指導者として、音楽を通しての文化活動にも熱心に取り組んでいる。


   指導補佐  龍田 真理子(たつた まりこ)
CD2tatuta
水戸第三高等学校音楽科、武蔵野音楽大学音楽学部声楽専攻科卒業。鈴木貞子、川本愛子、林田さつき、各氏に師事。
INAコーラス、ルート6混声合唱団、指揮・指導者。龍ヶ崎「F龍gelの会」の指導者。